忍者ブログ
TW2シルバーレイン【白夜・赤】【白夜・紅】のブログです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↑の説明がよくわからないよ!という方にはおすすめできません。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆リンクフリー◆コメントもどうぞご自由に◆ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(がちゃ、と扉が開き)

「ただーいまー、っと」


(真っ暗な室内に声が響く。ぱち、と玄関脇のスイッチが鳴り明かりが広がる。
玄関先で靴を脱いでいるのは、赤。埃っぽく汚れたジャージ姿。)

「なんだあいつ、まだ帰ってねぇのかー
ま、俺の頼れる相棒が一緒なんだろーカラ、心配はねーけどな…」

(靴を仕舞うとキッチンへ移動。
背負っていたナップザックからやたらと大量の空のタッパーを取り出し、流しへ。
そのまま立ち去ろうとし…一瞬躊躇い流しへ戻り、タッパーを適当に洗い脇の水切りパッドに上げた。)

「それにしても俺らよく食ったな!
ピラミッド状に詰めるほど おにぎりあったってのになー?」

(昼食の光景を思い出し苦笑しつつ、ロフト…自室へ移動。)

(引越しの片付けが済んでいないため、ダンボールがテトリスのように
積みっぱなしになっているそこを抜け、ベッド付近へ。
そのあたりだけは辛うじて片付けが済んでおり、音楽機器のみは丁寧に並べられている。)

「…」

(ジャージの左ポケットから何か取り出し、サイドボードに置いた。
ポストの前で既に読んだのか、封の開いた手紙が一通。)

(ベッドに腰掛け腕を組み、手紙を見つめて暫し考え込んでいる。)



【09:50 PM】

「~…まずい、ねむい。疲れてんのかな…」

(ふへー、と腑抜けた表情になり、頭をかきかき。
ベッドの端にくしゃっと置いてあったパジャマやら何やらをひっつかむと
スリッパをぺたぺた鳴らしつつ風呂場へ移動。)

(暫くして水音が止み、パジャマ姿で出てきた。
上は前を開けっぱなしで、肩に掛けたタオルで頭をごしごしやっている。
小難しい顔をしつつ…ぺたぺた、再びロフトへ移動。)

「…だめだ、やっぱとりあえず、寝よ」

(室内の電気はそのままに、ロフト上に点いているライトのみ消灯。
そのままごそごそ布団に潜り込み、就寝。)



【10:22 PM】

(はい、いいえ、有難うございました… いえいえ… など
くすくすと笑い声の混ざった小声が玄関の向こう側から漏れ聞こえる。)

(がちゃ、と扉が開き。
現れたのは赤茶色の髪をツインテールにした少女…紅。ジャージ姿。)

「いえ、ほんとに、送って下さって有難うございましたの。
それじゃ、お気をつけて… おやすみなさい。 はい、また。」

(暫し扉を開けたまま表にいる人物と会話をし、お辞儀。
相手の姿が見えなくなるまでそのままで…その後静かに扉を閉め、
かちゃり、と、至極丁寧に鍵を掛けた。)

(靴を脱ぎまっすぐ進み、ダイニングのテーブルを横切る…際、
ちらと流しを見やりタッパーが片付けられているのを認識、
視線をずらしロフトを見上げ、消灯している事と寝ている人物の気配を認識。)

(アコーディオンカーテンを小さくスライドさせ、自室へ。)

「……つかれましたの」

(髪を解いて頭を振る。出窓に置かれた装飾を見る。
ハロウィンを彷彿とさせるかぼちゃの小さな飾りや蝙蝠のぬいぐるみが並ぶ中
手作り感のある、赤いろうそくが、ひとつ。)

「…ふふ」

(小さく微笑み、ハンガーに掛けてあったパジャマ…ネグリジェ? や
着替えを手に取ると、静かに風呂場へ移動。)

(暫くして水音が止み、パジャマ姿で出てきた。
肩に掛けたタオルで頭をわしゃわしゃ、としている。)

「う…撃たれる… エリー団長… 桃が…!」

「?」

(ロフト上から妙な寝言が聞こえ、振り扇ぐ。…すぐ、静寂が戻った。
紅はとくに表情を変えず、静かに自室へ戻る。)



【11:03 PM】

「…明日ちゃんと起きられるかが、心配ですの」

(窓と扉の戸締りの確認、水道とガス栓の様子の確認…それらを静かに丁寧に行い消灯した後、
自室のサイドボードの目覚まし時計の針を確認し、ベッドへ。)

「おやすみなさい…」

(誰にともなくそう言うと、目を閉じた。)
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
白夜・赤(しらや・せき)       白夜・紅(しらや・べに)
性別:
非公開
職業:
赤:火狐本業         紅:ヘリオン本業
趣味:
赤:音楽(ロック)と読書(漫画)とまったりすることー   紅:音楽(クラシック)と読書(小説)とお散歩、ですの。
自己紹介:
白夜・赤(しらや・せき)---------銀誓館学園・綿津羽キャンパス高校3年。熱いがユルい奴。大好きな皆と笑い合えるのが何よりも好き。

白夜・紅(しらや・べに)---------銀誓館学園・鹿苑寺キャンパス中学1年。礼儀と優雅を重んじる。「知り学び続けること」が信条。


背後:K…★の人

※このブログには銀誓学園での出来事を中心に、そのほか学園生活には無関係な舞台裏的な出来事も記述されています。
故にある種のアンオフィシャル要素が含まれていると言えなくもありません。
お嫌いな方はご覧になられませんようご注意下さいませ。

=====================
 このブログに掲載されている諸作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は各イラストマスター様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=====================
最新コメント
[02/18 白夜 赤]
[08/26 紅]
[08/16 アスヒ]
[06/06 アスヒ]
[04/08 ルシア]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]