忍者ブログ
TW2シルバーレイン【白夜・赤】【白夜・紅】のブログです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↑の説明がよくわからないよ!という方にはおすすめできません。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆リンクフリー◆コメントもどうぞご自由に◆ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



…メモが、出てきました。
夏の竜宮城戦の直後、紅が自分のことを反省したメモでした。

「紅がいま思う、だめだったところ。」2007/08/25のわたしより。
少々お恥ずかしいですが、つづきに載せておこうと思います。
今回のお話し合いに、何か少しでも参考になったら、良いですの…


…そして、そのメモを読んで紅が今思ったこと。
(ポジションは紅が所属するメディックの、ことですの)

前回足りなかった反省すべき部分は

◆生命賛歌と重傷と死亡の関係について突き詰めて考える
…一度目の重傷は直接死亡には繋がらないため、
『重傷者をどうすれば良いか』ではなく『いかに重傷者を出さないか』を
もっと考えておかなければならなかった、のかな、と。
手当てすること以前に、
『重傷者を出さないようにするには、どう動けば良いか』
前線でのメディックの回復アビ使用や、援助するための隊列、
どのような方へ回復アビを優先的に使うか…というような部分について
もう少し考える、べきでしたの。

◆当日の救助拠点をどうするか/地理把握を明確に
…前回は海での戦いで、拠点の置き方が良くなくて減点されてしまいました。
今回は平地で市街地ですから、地理の問題は少ないかもしれませんが
逆に世界結界の問題など…いろいろあると、思いますの。
そのあたりに関してのお話し合いも、できたら良いなと、思います。
拠点に関しては… 来訪者さん方の扱いをどうするかが決まってこないと
わからない部分もあるかも、ですね…


+++
(以下 つづき は 紅の反省メモです)

----------
12:43 2007/08/25
紅がいま思う、だめだったところ。



●メディック評価
【ポジション評価:71点】
【戦略的効果:71%の確率で、「応援」の効果が増加します】
【評価内容】
 メディックは団員の人数に比べて、話し合いに参加した能力者の数が少なかったようです。

 作戦立案では、竜宮城との往来が非常に難しい船上を利用した救護活動は現実的ではありませんでした。
 重傷を負っても、回復アビリティによって戦線復帰する事ができるのが『生命賛歌』の能力ですから、その点を考慮して作戦を考えると良かったでしょう。

 また、最重要物資と位置づけられた物資についても、作戦上に重要な物は少なく、あったら便利かも程度のものだったのは残念でした。
 メディックの戦略的効果である「応援」の効果の増大をいかにして勝ち取るかという事も念頭に入れて、作戦立案を行なっていくと良かったかと思います。


++++++++++

まず、お話し合いのし易い雰囲気作りが大切でした。皆で応援がんばろーって、感じではじめると、いいかもですの。

作戦立案では船上での救護活動は現実的でない…ということは、そのあたりの地形などは、前プレイングなどをもっと熟読して把握しておくべできでした。
又、進行ルートに際しコマンダー様がどのように拠点を移されるのかにも注目し、メディックの前線班をどこに置き、どう【重傷者を出さないための対処をするか】を考えなければなりませんでした。必要であればコマンダー様と直接意見交換をするべきかもしれない、と感じましたの。

物資に関しては…これもやはり作戦と一緒に練らなければならないものなので、まずは作戦を重視して考え、そこから発生した必要物資を順次書き溜めていくほうが効率的かもしれないと感じましたの。
物資は最終的には補佐的なもので、重きを置くのは【生命賛歌】などのメガリスや、紅たち自身のアビリティについてのことだと思います。
折角能力を持っているのですから、それをまず最大限に活かすことを考えなければ、大きな戦いに備えることはできません。

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
生命を救う戦い
 こんばんは、ルシアです。

 紅さん、がんばってらっしゃいますねー。
 私も、あの海での戦いのこと、少しずつ思い返しています。もっと出来たことがあったんじゃないかとか、いろいろと。

 ともかく、同じメディックとして、戦場で生命を救う戦いを、がんばっていきましょう。
 ただ、無理だけはなさらないでくださいね。たくさんの仲間がいるんですから、ひとりで背負わないで。もちろん私も、出来るだけ力になりますよ。
ルシア・バークリー URL 2007/12/08(Sat)02:15: 編集
Re:生命を救う戦い
こんにちは、ルシアさま。
はい、紅も…少しずつですが、海での戦い、思い返して参りました。はじめ久々にログを開いてみたとき、我ながら自分が何をやっていたのか細かく思い出せなくて…日常の優しさに忘れていた空気、がしました。
…ですね、ありがとう、ございます。
紅も、多くの皆さんと一緒にメディックを支えて行けたら…と思いますの。お互いできるだけ、頑張って、参りましょ…!(ぎゅ

前回よりはお話し合いの時間も、少し長い気がします…じっくり、相談していけたら良いなと思いますの。
【2007/12/08 14:06】
無題
こんばんは、紅。織葉です。

さっそく読ませてもらったわ。
前回はメディックではなく前線に出ていたから、紅のようにメディック経験者の意見はいろいろと参考にさせてもらおうと思ってる。
とは言っても、私は当日、どうにも参加できそうにないんだけれど…ね。
その分、作戦段階では少しでも意見を出していけたらとは思ってるんだけれど。

16日はどうか、気をつけて。
紅の無事を祈りながら、帰りを待っているわね。
織葉 2007/12/08(Sat)02:39: 編集
Re:無題
わぁ…v こんにちは、織葉さま。
ご来訪有難うございますの…!

えと…前線には前線でしかわからない部分もあるかと、思います。前線経験者の皆様からはそういう部分のことも…メディックの相談に要素として取り入れていただける気がして、とても有難く思いますの。
紅もまだまだ…前回一回居たとゆうだけで、不安やわからないことが沢山なのですが…これからの相談で、皆様との協力で良い方向へ進んで行けたら良いな…って、思います。

はい、当日は頑張って参ります、ね…!(ぎゅ
【2007/12/08 14:11】
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
白夜・赤(しらや・せき)       白夜・紅(しらや・べに)
性別:
非公開
職業:
赤:火狐本業         紅:ヘリオン本業
趣味:
赤:音楽(ロック)と読書(漫画)とまったりすることー   紅:音楽(クラシック)と読書(小説)とお散歩、ですの。
自己紹介:
白夜・赤(しらや・せき)---------銀誓館学園・綿津羽キャンパス高校3年。熱いがユルい奴。大好きな皆と笑い合えるのが何よりも好き。

白夜・紅(しらや・べに)---------銀誓館学園・鹿苑寺キャンパス中学1年。礼儀と優雅を重んじる。「知り学び続けること」が信条。


背後:K…★の人

※このブログには銀誓学園での出来事を中心に、そのほか学園生活には無関係な舞台裏的な出来事も記述されています。
故にある種のアンオフィシャル要素が含まれていると言えなくもありません。
お嫌いな方はご覧になられませんようご注意下さいませ。

=====================
 このブログに掲載されている諸作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は各イラストマスター様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=====================
最新コメント
[02/18 白夜 赤]
[08/26 紅]
[08/16 アスヒ]
[06/06 アスヒ]
[04/08 ルシア]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]